当ページのリンクには広告が含まれています。

AFFINGER6 マイブロックで「カテゴリー・タグ」ページをカスタマイズ【クラシックエディターは使わない】

AFFINGER6 マイブロックで「カテゴリー・タグ」ページをカスタマイズ【クラシックエディターは使わない】

こんにちは "osaboo"です。"@osaboo_Bot"

AFFINGER6のマイブロックで「カテゴリー・タグ」ページをカスタマイズする方法を初心者さん向けに解説します。

AFFINGER6のカテゴリやタグのページはブロックエディターに対応していません。

カスタマイズするには クラシックエディターの知識が必要です…が!!!

この記事ではクラシックエディターの知識がなくてもカスタマイズできる方法をご紹介します。

クラシックエディターを極力!使わないで「カテゴリ・タグ」ページを作ろう。

osaboo
osaboo

こんな方におすすめ!

  • AFFINGER6を使っている。
  • 思うように!「カテゴリー・タグ」のページを作りたい。
  • クラシクエディターがよくわからない。

この記事でわかること!

  • AFFINGER6の「カテゴリ・タグ」ページについて
    1. カテゴリーページを編集(コンテンツを挿入)する場所を確認
    2. タグページを編集(コンテンツを挿入)する場所を確認
  • マイブロックを使ったページコンテンツの作り方
    1. マイブロックのサンプル|「カテゴリー・タグ」ページ用
  • 「カテゴリ・タグ」ページへのマイブロック設置手順
    1. マイブロックコンテンツの設置エリアを確認
  • まとめ!

今回の記事では…

初心者さんやクラシックエディターが「苦手だ!使いたくない!」という方向けに…
慣れているブロックエディターを使った「カテゴリ・タグ」ページをカスタマイズする方法をお届けします。

それではご覧ください!

初心者でも安心!コスパ最強の洗練されたWordPressテーマ

AFFINGER6 購入 ▶︎ 詳しくはこちら

\\『すごいもくじLITE』が付いてくる!限定特典キャンペーン実施中!//

AFFINGER6の「カテゴリ・タグ」ページについて

「カテゴリー・タグ」ページとは…
サイト内を閲覧しやすくするためにグループごとに記事(投稿)をまとめたページのことです。
(※ グループ:カテゴリー・タグ)

記事をグループごとに整理して 別々のページで 表示する方法が一般的です。多くのブロガーさんがやってますね。
※ 別々のページ=「カテゴリ・タグ」のページ(固定ページについては この記事に含みません)

前述しましたが…AFFINGER6の「カテゴリ・タグ」ページは クラシックエディターを使って作成する必要があります。
(ブロックエディターに対応していない2023/05/19現在)
つまり、投稿ページや固定ページのようにブロックエディターを使ってページを作成することはできません。

カテゴリーページを編集(コンテンツを挿入)する場所を確認

コンテンツを作成する前にカテゴリーページの編集(コンテンツを挿入)はどこで行うのかご紹介します。

『WordPress管理>ダッシュボード>投稿>カテゴリー』をクリックします。

❶ ❷ ❸ の順にマウスオーバーして ❸ でクリックします。

WordPress管理:投稿:カテゴリ

カテゴリー:カテゴリーの一覧が表示されます。

編集するカテゴリーを選択します。(赤枠参照)

カテゴリー:カテゴリー選択

カテゴリーを編集;選択されたカテゴリーの編集画面が表示されます。

カテゴリーページのコンテンツは『説明』のクラシックエディター領域に追加することでページに反映されます。
この章では場所を確認しておきましょう。(コンテンツ挿入等の手順は後述します)

『説明』赤波線枠部にコンテンツを貼り付けます。

カテゴリーを編集-1
カテゴリーを編集-2

タグページを編集(コンテンツを挿入)する場所を確認

コンテンツを作成する前にタグページの編集(コンテンツを挿入)はどこで行うのかご紹介します。

『WordPress管理>ダッシュボード>投稿>タグ』をクリックします。

❶ ❷ ❸ の順にマウスオーバーして ❸ でクリックします。

WordPress管理:投稿:タグ

タグ:タグの一覧が表示されます。

編集するタグを選択します。(赤枠参照)

タグ:タグ選択

タグを編集;選択されたカテゴリーの編集画面が表示されます。

タグページのコンテンツは『説明』のクラシックエディター領域に追加することでページに反映されます。
この章では場所を確認しておきましょう。(コンテンツ挿入等の手順は後述します)

『説明』赤波線枠部にコンテンツを貼り付けます。

タグを編集-1
タグを編集-2

マイブロックを使ったページコンテンツの作り方

それでは、マイブロックを使ってコンテンツを作っていきましょう。

『WordPress管理>ダッシュボード>マイブロック>新規追加』をクリックします。

❶ ❷ ❸ の順にマウスオーバーして ❸ でクリックします。

WordPress管理:マイブロック:新規追加

空のマイブロック(記事作成画面)が表示されます。

マイブロックは通常の投稿や固定ページと同じようにブロックエディターに対応しています。

ブロックエディターを使って、いつのもようにコンテンツの作成ができますよ。

「カテゴリ・タグ」ページを作成します。

マイブロック:記事編集画面

マイブロックのサンプル|「カテゴリー・タグ」ページ用

簡単な「カテゴリー・タグ」ページ用のサンプルを作って見ました。

サンプルの内容

  1. 広告のショートコード等
    • 広告を2列でページ上部に配置
  2. 記事を意図的に分けたい時:その1
    • 「カテゴリー・タグ」の記事で人気記事等ページの上部に表示したい記事を抜粋して表示
  3. 記事をグループ分けして細分化:その1
    • 細分化した記事をタブを使って切り替えながら見せる工夫

マイブロックで作れば簡単に作成・編集ができるかと…ここのページの内容に合わせて必要なコンテンツを作って見てはいかがでしょう。^^/

サンプルマイブロック|「カテゴリー・タグ」ページ

※ マイブロックタブメニュー:『パターンに追加しない』にチェックを入れます。
(投稿には使わないので…)

マイブロックのコンテンツか完成したら 最後に『公開』をクリックして完了です。(公開x2回)

「カテゴリ・タグ」ページへのマイブロック設置手順

コンテンツが完成したら「カテゴリ・タグ」ページにマイブロックのショートコードを貼り付けます。

マイブロック設置手順

  1. マイブロックのショートコードをコピー
  2. コンテンツを設置する「カテゴリ・タグ」ページの『説明:クラシックエディターのエリアにペースト』

『WordPress管理>ダッシュボード>マイブロック>マイブロック一覧』をクリックします。

❶ ❷ ❸ の順にマウスオーバーして ❸ でクリックします。

WordPress管理:マイブロック:マイブロック一覧

マイブロック:マイブロックの一覧が表示されます。

「カテゴリー・タグ」ページ用に作成したマイブロックのショートコードをコピーします。(赤枠部)

マイブロック一覧:ショートコードのコピー

編集(コンテンツを挿入)する「カテゴリー・タグ」ページの『説明』:クラシックエディターのエリアににショートコードをペーストします。

※ 『ビジュアル』タブのままで大丈夫です。

[st-myblock id="224xx"] をペーストします。(赤枠部)

「カテゴリー・タグ」ページ:クラシックエディターへショートコード

以上で、「カテゴリ・タグ」ページへのマイブロック設置が完了しました。

最後にコンテンツがきちんと設置されているか確認して見ましょう。

マイブロックコンテンツの設置エリアを確認

ページタイトルと記事一覧の間に『マイブロックで作成したコンテンツ』が表示されます。

波線赤枠部にマイブロックコンテンツが表示されていれば完了です。

「カテゴリー・タグ」ページのマイブロックコンテンツエリア

あわせて読みたい!

初心者でも安心!コスパ最強の洗練されたWordPressテーマ

AFFINGER6 購入 ▶︎ 詳しくはこちら

\\『すごいもくじLITE』が付いてくる!限定特典キャンペーン実施中!//

まとめ!AFFINGER6 マイブロックで「カテゴリー・タグ」ページをカスタマイズ【クラシックエディターは使わない】

クラシックエディターが苦手な初心者さん向けに極力ブロックエディターを使ったカテゴリーやタグのページをカスタマイズする方法をご紹介しました。今回使ったマイブロックというエディター機能はとても便利で!色々なところで使えます。是非、ご活用ください!!

「最後まで、ご観覧いただきありがとうございました。」
また、次の記事で…お会いしましょう。\^^/

-カスタマイズ_AFFINGER
-